読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuw27b’s blog

技術メモと雑記

SVGをReact.js/JSXで使う

この記事はSVG Advent Calendar 2016の19日目です。
去年に引き続きグラフを描いての参加です。


React × SVG

React.jsなプロジェクトでSVGを描画したときのメモです。
React.jsでは、JSXという記法でJavaScriptコード内にHTMLタグを記述していきますが、SVGタグも記述できます。
React.jsの特徴は仮想DOMですが、SVGSVG DOMというインターフェースを持っているので、HTML同様にサポートされているのですね。

Attributeはキャメルケースを基本に

まずタグ内の属性名については、基本的にハイフンがキャメルケースになります。ネームスペースを表すコロンも同様です。

通常のSVG

<svg version="1.1" width="200" height="200"  xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <rect width="100" height="100" x="10" y="10" fill="#900" stroke="#666" stroke-width="5" />
  <a xlink:href="http://blog.hatena.ne.jp/yuw27b/"> 
    <text x="20" y="40" fill="#FFF" text-anchor="start" font-size="20">Text</text>
  </a>
</svg>


JSX内のSVG

<svg version="1.1" width="200" height="200"  xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <rect width="100" height="100" x="10" y="10" fill="#900" stroke="#666" strokeWidth="5" />
  <a xlinkHref="http://blog.hatena.ne.jp/yuw27b/"> 
    <text x="20" y="40" fill="#FFF" textAnchor="start" fontSize="20">Text</text>
  </a>
</svg>

JSXはあくまでもJavaScriptの中なので、ハイフンやコロンが使えないからだと思われます。
サポートされている属性名のリストは以下の公式ページの最下部にあります。
https://facebook.github.io/react/docs/dom-elements.html

上記のリストには含まれていないのですが(HTMLと同じだから?)、「class」も「className」になります。

ブラウザにReactのDeveloper Toolsを入れておけば、使用できない属性名についてはコンソールに警告が出るので、まずはそのままSVGを書いてしまって、エラーが出たら都度修正、でもいいと思います。

または、自動的に変換してくれるnpmパッケージと、それを元にしたオンラインサービスもあります。
svg-to-jsx
SVG to JSX Online Converter
ただし、若干バグがあるような感じなので、全部お任せはちょっと難しいかもしれません。


簡単なグラフ(もどき)

プルダウンからソート順を選択すると再描画する棒グラフっぽいSVGを書いてみました。

See the Pen xRMYzQ by Yu Watanabe (@yuw27b) on CodePen.

※仮想DOMなので、再描画の動作も軽いのでは、と思いますが、もっと大規模なものを作らないと差が分からないですね・・・。



SVGのグラフライブラリ×Reactも試しているのですが、それはまた別の記事にしたいと思います。